UI Stencils

130923_ui_stencils.jpg

以前、お仕事で使えるかなと思ってUI Stencilsというところでステンシル(形が書ける定規的なもの)を買ったんですが、先日、突然プロダクトマネージャーの方(US在住)からメールをいただきました。

英語メールを要約するとこのような感じ。

「やぁ、元気?今、プロダクトの評価をしてもらいたくてアジアの顧客に連絡をしてるんだけど、製品を無料で送るからレビューしてくれない?」

ステンシルは仕事で便利に使っているので、快諾したらすぐに色々と送ってくれました。
こんなに無料でもらって良いのだろうか・・・という位に。

頂いた物
Pixel Ruler
Responsive Sketch Pad
iPhone Sketch Pad
・Sketch Pad上のWF(ワイヤーフレーム)をアプリ化出来るProtosketchのリーフレット

自分の周りにもUI Stencilsに興味を持っている人が結構多いので、頂いたものをベースにレビューしてみたいと思います。

続きを読む "UI Stencils" »

Internship Students

先週から、会社にインターンシップの学生が2名来ています。もちろん海外からで、世界的に優秀な大学の2回生と3回生。
海外では6月〜8末までがSummer Vacationなので、その間を利用して日本のインターンシップに参加したとのこと。

ちなみにその大学からは、数十人が同じ期間で日本の各企業にインターンしているので、近場に住んでいれば週末に会えるし、一斉に集まったりする予定もあるそう。

そして私、なんとその学生さんのMentor(日本で言うとチューターとかトレーナーとか)を同僚と一緒に担当させてもらっています。3ヶ月。
彼らの会社内での生活と、予め与えられたインターンシップミッション(アプリケーションの企画〜開発)のサポートをすることが僕ら側の役目。

日本語がそこまで出来る訳でない学生さんと、英語がそこまで出来る訳でない日本人の会話。最初は、大丈夫かなこれ・・と思ったのですが、お互いに身振り手振りも交えながら、相手の国の言葉をカタコトで喋っていくスタイルで、意外とコミュニケーションが取れる事がわかりました。
(とは言え、彼らは大学の講義で日本語を勉強しただけなのに、ある程度喋れるという優秀さ・・・)

3ヶ月後、日本語と英語、どっちの言葉が上達しているか楽しみです。

/////
せっかくなので、会社外にも連れ出してみようと思っているので、Geekで少しばかりShyな二人ですが、もし興味ある方が入ればご連絡ください。

淹れ初め

130113_coffe.jpg

ハワイに行った会社の同僚からコーヒー粉を、お土産にいただきました。

しかし、インスタントを淹れた事はあっても、粉から淹れた事(豆はもちろん)は人生で一度も無く、むしろ、どんな機材を使えば良いのか、入れ方すら良くわからないままもてあましていた中、一念発起、チャレンジしてみることに。

そういえば・・・お店で頼むコーヒーには種類がたくさんあり過ぎて、わからないまま適当に頼み、好みに合わないコーヒーになってしまうこともあったなぁと、それなら自分で覚えてみたいと思っていたところで。

続きを読む "淹れ初め" »

採用(されやすい人になるリーダーシップの)基準

採用基準

インパクトのあるタイトルですが、中身は採用ルールの話ではなくリーダーシップ論。

リーダーシップと言うと人が限定されるように思われる(本書ではそれは誤解だと述べています)ので、ある種の「プロ」論と言えるかもしれません。

日本人が苦手と言われている「周りを尊重しながらリーダーシップを発揮する」意味でのリーダーシップ。
そして「尊重」と言っても折衷案にすることではなく、自分の取捨選択に100%のアカウンタビリティを持つことができる意味での「尊重」。それが例え上司からの助言を「捨」したとしても。

--
本書では、リーダーシップは誰でも学ぶ事ができる、と唱えています。
ただ、日本ではその土壌と教育制度が整っていない。一部の学級委員や体育会クラブのキャプテンが経験として身につけて行くのみで、それが課題だと。

自分は運良く小学校時代に学級委員、高校サッカー部で後輩の指導リーダー、大学時代にフットサルチーム代表を経験したせいか、本書で書かれている内容には少なからずシンパシーを感じました。

そして、本書を読んで初めて、社会人になって上司から常々求められてきたスキルこそ「リーダーシップ」ということばに集約されるのだ、と腹落ちしました。

深く語るにはブログでは全然足りませんが、個人的に特に腹落ちした3点、

・リーダーシップはプロジェクト全ての人間にとって必須
・リーダーシップとチームマネジメントは異なる
・リーダーシップは誰もが学べるスキル

一つでも引っかかる言葉があれば、読んでみると面白いかもしれません。

社会人振り返り(新卒〜6年目)3

「社会人振り返り(新卒〜6年目)2」からの続きです。

Q:現職で通用する部分、通用しない部分は?

<通用している部分>
業務として通用しているのは、「進行管理」「仕切りの判断」など、前職のお仕事でメインで行っていた部分でした。

特に、何か課題が出てきた際にストップするのではなく、『前向きに解決する為にどう動いたら良いのか』という視点で物事を考えられるのは、前職で散々っぱら企画提案をさせてもらった賜物だと思っています。

続きを読む "社会人振り返り(新卒〜6年目)3" »


あわせて読みたい

feed


Powered by Movable Type